こだわり

kodawari_01

img_02

天馬らーめんのスープは3種類。
とんこつ・清湯(チンタン)スープ・白湯(パイタン)スープ
それぞれのスープをブレンドし、5つの味・7種類のラーメンを作り出しています。
3種のスープは現在でも改良を繰り返し、飽きのこないおいしさをご提供しております。

kodawari_01
kodawari_01kodawari_01


kodawari_01

天馬らぁめん専用の自家製麺を使用。
真空ミキサーで空気を含ませず、独特のコシを出しています。
塩はミネラル成分の多い伯方の塩を使用。
また、水もFFC活性水を使用し、スープのおいしさを最大限に引き出す麺を製麺しています。

天馬らぁめん専用の自家製麺を使用。
真空ミキサーで空気を含ませず、独特のコシを出しています。
塩はミネラル成分の多い伯方の塩を使用。
また、水もFFC活性水を使用し、スープのおいしさを最大限に引き出す麺を製麺しています。

kodawari_01

脂と赤みのバランスが整った豚バラブロックのみを使用。らぁめんとチャーシューを一緒に食べた時に一番美味しいと感じるよう、煮込み時間を調整して味付けを薄めにしています。
厚みもラーメンに合う一番よい厚さ・大きさでスライス。
適度な歯ごたえを残し、それだけでも美味しい、奥行きを感じる味。単独でもおつまみとして最適塩抜きして、水分をとばして、タレで炒めて、ごま油で風味づけするなど、店内で丁寧に仕込みをしています。
らぁめんに合うシャキシャキ感を出すため、中太もやしを使用。種を取りより歯ごたえを楽しめるように処理しています。

適度な歯ごたえを残し、それだけでも美味しい、奥行きを感じる味。単独でもおつまみとして最適塩抜きして、水分をとばして、タレで炒めて、ごま油で風味づけするなど、店内で丁寧に仕込みをしています。

らぁめんに合うシャキシャキ感を出すため、中太もやしを使用。種を取りより歯ごたえを楽しめるように処理しています。

黄身が絶妙なトロみになるよう時間を調整した煮卵を、チャーシューのたれで味付け。

kodawari_01

黄身が絶妙なトロみになるよう時間を調整した煮卵を、チャーシューのたれで味付け。
脂と赤みのバランスが整った豚バラブロックのみを使用。赤穂の焼塩を使い、塩だれで煮込んでいます。
まろやかでとろけるような味わいが自慢の一品です。もちろんラーメンスープとの相性もばっちりです。

脂と赤みのバランスが整った豚バラブロックのみを使用。赤穂の焼塩を使い、塩だれで煮込んでいます。
まろやかでとろけるような味わいが自慢の一品です。もちろんラーメンスープとの相性もばっちりです。

kodawari_08